ラッキーカラーというのは

ラッキーカラーというのがありますが、これは別に気にすることはないでしょう。しかし、カラー心理からみても大事になることもあります。要するに気の持ちよう、ということがありますから、そのあたりのことを配慮して情報を得るとよいでしょう。色占い、といったようなものであり、科学的な根拠はないのですが、それでも気持ちが楽になるのであればそれはよいでしょう。しかし、心理学的な根拠があるものとしてあるのが、カラーセラピストになります。色の持つ力、効果というのを心理学的な観点から応用しよう、ということであり、これによって体の状態をよくしたり、或いは特定の状態に持っていくということができたりします。そうしたことができるわけですから、少なからずカラーセラピーというのは意味があります。ラッキーカラーというのもその日のみというわけではなく、自分の中で決めておくことによって、それが事実であれどうあれ、そう思うことによって効果があります。