優しい気持ちがうまれるベビーピンク

PR| 埼玉・大宮のAGAクリニック練馬区で自然素材のリフォームならリンパの資格取得率100%のスクール名古屋で評判の英語・フランス語の学校 |

カラーセラピーやカラー診断を受けたわけではありませんが、口紅の色にはこだわりがあります。私はコスメが好きで、小さい頃から色々な化粧品を収集していました。中でも一番たくさん集めていたのが口紅。塗ると一瞬で表情が変わるのが楽しみで、今まで100本近く購入してきました。
それがここ数年、ある一種類の口紅以外使わなくなったのです。それは、うっすら色づく優しいベビーピンクの一本です。

 

実は、私は元々気分の浮き沈みが激しく、人にも強く当たってしまうことが多いのが長年の悩みでした。そのせいで仕事も友人関係も上手くいかなくなる事が本当に多くありました。しかし3年前、私は今まで出会ったことがないほど素敵な男性に出会いました。その人はいつも穏やかでみんなに平等に優しく、人を傷つけるような言葉は一切発しない人で、私はすぐに人として彼に好意を持ちました。

 

それから彼と何度かご飯に行くようになり、その中で何気ない会話をしていた時、彼が「その口紅の色、いいね」と言いました。まだ付き合っていない時に、しかも人の容姿についてあまり意見を言わない彼から出た初めての褒め言葉でした。その時につけていた口紅の色が、ベビーピンクだったのです。「どうして良いと思ったの?」と聞くと、「人柄が出ている。すごく似合ってる」と彼は答えました。私は、自分がこのベビーピンクのようにふんわり優しくかわいらしい女性だと言われたような気がして、自分の理想に近い女性だと言われたような気がして、嬉しくて嬉しくて今でも鮮明に覚えています。

 

それからは、彼と会う時だけでなく、仕事にもその色をつけていくようになりました。この優しい色にふさわしい女性でありたい、そう思われたい、と常に背筋が伸びるからです。会社のトイレでふと自分の顔を見て、ベビーピンク色の唇に癒され、自然と笑顔になる日々が続きました。その頃から、私の気性の荒さは嘘のように落ち着きました。社内でも「話しかけやすい」「いつも優しい」と言われることが増え、自分でもびっくりしたほどです。

 

それから少しして、私は彼と結婚しました。今も二人で幸せに暮らしています。彼に初めて口紅の色を褒められたあの日以来、私の中でベビーピンクの口紅は、あの時の嬉しい気持ちを思い出し、こんな優しい色をした穏やかな女性でありたいという気持ちを持ち続けるためのラッキーカラーになっていたようです。もう何本買ったかわからないこの口紅を、私はきっとこれから先もずっと買い続けると思います。

PR|心の診断|ショッピングカート設置|童話集|心の童話|初値予想|ショッピングカート|JALカード|オーディオ|相互リンク募集中|相互リンク募集サイト|相互リンク|