カラーセラピストの仕事とは

カラーセラピストの資格の仕事というのは、相談者が選ぶ色の意味を読み解くことによって、本質的な性格とか問題を見つけ出して、解決していく、ということになります。色々と資格があったりするのですが、一般財団法人JADP認定のカラーセラピスト資格が一般的名ものになります。色が持つ様々な力を利用する、ということになりますが、これによって何かしらよい影響を出すことができるようになります。カラーセラピーというのは色彩療法とも呼ばれるものになりますから、身体に少なからず影響があるということになります。それは一体どんなことであるのか、といえば気分を高めることもありますし、逆に鎮めると言う事もあります。色から受ける体の影響というのは割と大きいものになりますから、よく覚えておきましょう。その知識を活用することで自分自身に活力を与えることもできますし、人にそれが出来る、ということもあるわけです。それがカラーセラピストになります。